So-net無料ブログ作成

エレカシを安く扱うな! [エレファントカシマシ]

先日、エレカシが主題歌を歌っているというテレビドラマ「ホワイト・ラボ」を観た。
見終わって、あまりに腹が立って、言葉が出なかった。[むかっ(怒り)]

素人から見ても、警察の捜査があんなに、ずさんだとは考えられない。
最初に浮かび上がった容疑者が、三角関係の痴情のもつれがあって、さされた途端、和久井映見が「じゃ、この人は容疑者ではないわね。」と、容疑者から簡単に外す根拠が見えない。
科学捜査のチームが、単独行動というのも、腑に落ちない。
そもそも、誰が主人公なのかも…
荒唐無稽でも、視聴者を納得させられる表現があれば、いいものだが、
ドラマのクオリティの高さを示す、一切の要素の無い。駄ドラマだった。

あげくの果ては、エンディングのシーンに被って、主題歌が流れるのだが、
台詞が邪魔して、よほど集中しなければ聴こえない。
なくても良いのでは?と思える扱い。
エレカシも安く見られたものよ。くやしくって、たまらない。

どんなドラマであっても、エレカシは真摯に作り上げ、丁寧に歌った曲であったろうに


その数日後、「リバースエッジ 大川端探偵社」というドラマを観た。
これは、わたしの大好きだった「まほろ駅前番外地」の監督でもあり、映画「モテキ」の監督でもある大根仁が
手がけるドラマだ。枠も「まほろ…」と同じCMばかりが多い、深夜枠の短いドラマだ。
たった40分しか無い放送時間枠で、かなりのCMが入る。実質30分弱のドラマだが、
実に良くて来ているし、丁寧に作られていて、面白い。
くすっと笑えて、最後にすこししんみり、私の好きな感じだ。

このドラマの音楽はEGO-WRAPPINだ。
オープニングとエンディングもしっかりやって、挿入歌も台詞に消されず、数秒入る。
1話完結のこの短いドラマでだよ。
なんて、音楽の扱いが、丁重なのだ!
全体に流れる雰囲気もEGO-WRAPPINの曲にマッチし、ドラマを盛り上げている。
そういえば、「まほろ…」も、オープニングはフラワーカンパニーズ、エンディングはゆらゆら帝国に坂本なんとかっていう人。どれも、微妙にわたしのツボを押してくる。


大根仁もエレカシのドキュメンタリーに出てたのだから、エレカシのファンのはしくれだろう?
今度は是非エレカシの曲を起用してもらいたい。

大根仁監督、松田龍平主演、エレファントカシマシ主題歌!
妄想が広がる。「探偵物語」がいいな〜。[ひらめき]
少し気分が晴れて来た。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。